ちっぴーの飛行機とホテル大好き日記

飛行機はファーストクラスに乗り、ホテルはスイートルームに泊まるのを何時も妄想中

【AA】27便 LAX-HNDビジネス

ラスベガスからの帰りの搭乗記、帰りは予定通りのアメリカン航空、初フライトですw

ロサンゼルスまでは行きと同じようにリージョナル仕様。

f:id:tokaibancyo:20170628193515j:plain

飛行時間は僅か40分程度、あっという間でした。LAXではアメリカンの第2ターミナルに到着予定だが、ゲートに空きが無いのか40分も徘徊させられて到着。ただでさえ乗継が短いのに大丈夫かと思いきや、羽田行も同じターミナルから出発。しかもゲートはほぼ隣りで有る事が判明。十分に時間余して間に合いました。

日本では成田でDOM>INTの場合、保安検査が有るけどアメリカでは有りません。なのでターミナルが同じだとホント便利ですな。

ラウンジは普通だと、私プラス1の2名しかファーストラウンジには入れません。しかし入口のBBAが忖度してくれたのか、言わなくても余分にファーストラウンジのインビを頂き、全員で入れる事になりました。

f:id:tokaibancyo:20170628193517j:plain

しかしまあ実質的には国内線ラウンジですから、こんなレベルです。ここでは時間が有ればカンタスのファーストラウンジに行くべきなんでしょうね。

ハッキリ言ってビジネスラウンジの方が明るくて、広々していて良いでしょう。

こちらの優位点は泡が有るくらいでしょうか。

f:id:tokaibancyo:20170628193516j:plain

今回の羽田行は777-200型機、近いうちに789に変わる予定だったと思います。

なのでどんな古いシート登場するのかと思いきや、何処にも載って無いリニューアルバージョン。古いシートだと、後ろ向きシートとのコラボだがこちらは全て前向きでした。

f:id:tokaibancyo:20170628193518j:plain

因みに中央の2席も、同じOWの日系会社みたいに足を組み合わせるタイプでは有りません。

f:id:tokaibancyo:20170628193519j:plain

もちろんフルフラットになるので快適そのもの。そしてヘッドホンはBOSE製。

f:id:tokaibancyo:20170628193520j:plain

これは良かったなぁ、行のUAもそうだけどアメリカのエアラインは侮れませんよ。

機内食メニュー

f:id:tokaibancyo:20170628193521j:plain

f:id:tokaibancyo:20170628193522j:plain

f:id:tokaibancyo:20170628193523j:plain

シャンパンはニコラ・フィアット、何となく懐かしい感じがします。

f:id:tokaibancyo:20170628193524j:plain

前菜「メロンとマンチェゴのカルパッチョ、ライム」

サラダ「ほうれん草、フリゼ、いちご、ブルーチーズ」

f:id:tokaibancyo:20170628193525j:plain

これは中々出会えないような代物で見た通り。それでも美味しそうに見える人も居るんでしょうか?

メイン「牛ヒレ肉 タマリンド・ジンジャー風味」

f:id:tokaibancyo:20170628193526j:plain

折角ですから割りますか??

f:id:tokaibancyo:20170628193527j:plain

期待しちゃいけない、これなら良いでしょ。

レベル的には行のUAが上、やはり日本のケータリングの方が良いか??

機内食UAの方が良かったと思う、もちろんこれ1回での判断には無理が有りますけどね。

この後、ミニ蕎麦が配給されたらしいが寝落ちしてましたww

そして2回目の食事、「牛丼」を選択。

f:id:tokaibancyo:20170628193530j:plain

丼とはほど遠いが、期待値が低かっただけに味に関しては及第点レベル。

初めて乗ったアメリカン航空、思ったほど機内食も酷くなくこれなら枯れる心配も無いでしょう、またエンタメも日本語メニューが豊富でBOSEと共に楽しめましたw

 

 

まとめ

  • 25万のチケットでこの内容なら問題無し。ボーナスマイルも付くので今後も有償の場合、私ならJALよりアメリカンを選択するでしょう。

 

 

【HYATT】ヴィダラ ホテル&スパ

ラスベガスで泊まったホテルの紹介。

f:id:tokaibancyo:20170626215740j:plain

 2009年に出来たので、ラスベガスの中では非常に新しい部類に入るでしょう、57階建てでかなりの高層、高層階からはさぞかし良い眺めが見えるんでしょうな。

そして珍しくカジノは無し。しかし目の前は「アリア」、屋根続きで「べラジオ」が有るので、カジノがやりたくなっても困る事は無いでしょう。

むしろその分ロビー回りは静かで混まないので、静けさを求めるならアリかもしれません。

f:id:tokaibancyo:20170626215741j:plain

f:id:tokaibancyo:20170626215745j:plain

1階には持ち帰りオンリーのスタバ

f:id:tokaibancyo:20170626215742j:plain

バー

f:id:tokaibancyo:20170626215744j:plain

売店兼ファストスナック

f:id:tokaibancyo:20170626215743j:plain

以上と言った感じ、カジノが無いので静かでしたw

お部屋はスイートタイプ、ダイニング・リビング・ベッドルームと別れています。先ずは入ったところのダイニング、しかしキッチンは有るけど、用具は何一つ置いて有りません。

f:id:tokaibancyo:20170626215752j:plain

f:id:tokaibancyo:20170626215758j:plain

続いてリビング。

f:id:tokaibancyo:20170626215755j:plain

f:id:tokaibancyo:20170626215759j:plain

ベッドルーム、このホテルツインルームは無いそうです。

f:id:tokaibancyo:20170626215757j:plain

水回り

f:id:tokaibancyo:20170626215750j:plain

f:id:tokaibancyo:20170626215751j:plain

そしてロッカー。

f:id:tokaibancyo:20170626215746j:plain

まだ出来て10年も経ってない事もあってかお部屋自体はとても綺麗です。これだけのスペースがあると荷物広げたりするのも容易ですな。

しかしこれだけの設備が有るのに、部屋にはポットも無し。もちろん言えば持って来てくれるけど、持って来たのは「やかん」と、そのくらいは置いておけよと言いたい。

そして、前回も書いたが57階と言うのに、このお部屋は10階で真下はプール。

f:id:tokaibancyo:20170626215754j:plain

このプールの音楽が丸聞こえで騒々しかったですw

目の前はアリアホテル、立派ですな。

f:id:tokaibancyo:20170626215756j:plain

そして本来はコネクティングになるはずだったもう一部屋。一応同じフロアにはなりましたが。

f:id:tokaibancyo:20170626222102j:plain

f:id:tokaibancyo:20170626222055j:plain

こちらも十分な広さでしたね、洗面のシンクは1か所だけ。

f:id:tokaibancyo:20170626222057j:plain

一応簡単なキッチンもついてます。

f:id:tokaibancyo:20170626222059j:plain

ここで一人で泊まってた娘は贅沢な気分だったんでしょうな。

 

まとめ

  • 建物は新しくてまだまだ綺麗です。
  • カジノが無い分、静かでフロントも空いてます。
  • レストラン等やや不足感あるものの、周りにいくらでも有るので不自由は有りませんでした。

ならリピートは有るのか?と聞かれたら、やはり一連のやり取りが有ったので有り得ないですな。ラスベガスには魅力的なホテルは幾らでも有るので、MGMにこだわる事も無いでしょうwww

 

 

 

 

【HYATT】MGMリゾートのステイは注意が必要

ラスベガスではMGMリゾートのホテルに宿泊、ハイアットはMGMリゾートの会員システム「Mライフ」と提携しています、しかしこれが中々複雑で結果いやな思いをする事となりました。

f:id:tokaibancyo:20170621213806j:plain

事の発端は予約時から。

ハイアットのホームページを見るとラスベガスには沢山のホテルが記載されてます。

f:id:tokaibancyo:20170615201654j:plain

実際にはこの多くが、MGMリゾートのホテル群だがそんな事は表面上は何処にも載ってません。

今回は3名での旅行だったので、カスタマーサービスに電話して、予約出来るホテルの中(ワールドオブハイアットの実績になる)で1室はスイートでもう1室はスタンダード、そしてコネクティング出来るのを条件にホテルを探してほしいと伝えました。

出て来たのが上にもある「ビュダラ・ホテル&スパ」というホテル。場所もまずまずだったので、そこで決定する事に。この時ここが「MGMリゾート」のホテルとは知らず、確認出来た事は2室で泊まっても宿泊実績は1室扱いと、SPGに比べると随分と厳しい事言うよなと言う事くらい。それでも出発までにはここがハイアットの直営ではなく提携先の「MGMリゾート」くらいの事は理解してました。

 

そして今回の滞在ですが(私ハイアットは一応最上級のグローバリスト

チェックイン時には予約が無いと言われる。

条件にしてあったコネクティングは出来ない。

57階建ての高層ホテルにも係らずアサインされたのは10階と低層レベル。

ビューも反対側ならべラジオの噴水が見えるが、プール側で見えずそのプールで掛けてる音楽が丸聞こえ。

 

とまあ酷いレベルですよね、、MGMではハイアットのステイタスは関係無いのかしら。

そして、何時まで経ってもポイントが加算されない。

今回3泊なんで、年間60泊泊まるためには、これが加算されないと死活問題になってしまいます。

流石におかしいと思い、カスタマーサービスに電話して確認。

出て来た回答には驚きました。

「ワールドオブハイアット」にポイント加算するにはMGMリゾートのポイントプログラム「Mライフ」のメンバーとなって、クロスオーバーさせる必要があると。

「それって何処に載ってるの?」と聞いてみると

「ワールドオブハイアット」のホームページ

f:id:tokaibancyo:20170615201652j:plain

一番下の利用規約(なかなかここを読む人は少ないと思われますけど)

全部読んでいくと書いてありました。

f:id:tokaibancyo:20170615201653j:plain

私が泊まったホテルもしっかり明記されてました。

これで幾つかの謎が解けました、当日予約が無いと言う件も。

しかし今回の予約ですが、そもそもカスタマーセンターに「ワールドオブハイアット」で2部屋実績を付ける事は出来ないかと相談済み。そしてホテルを紹介してほしいと。

その時担当からはその説明はありませんし(その時点ではMGMのホテルとも知らなかった)普通にオンライン予約をしていっても、そんなメッセージは何処にも出て来ません。

ホテルフロントでメンバーカード見せても何も説明無し。

等の事をカスタマーサービスに説明して、宿泊実績・ポイントが加算されないのはおかしい事を説明。

 

そして

話が通じたのか宿泊実績・ポイントが加算されたがポイントの計算がどうもおかしい。

現在「ワールドオブハイアット」はプロモ中、内容はダブルポイント。しかし同時に2部屋の宿泊はメンバー本人が泊まった部屋のみが対象との事。

これは渋いなあと思いつつ、ルールだから仕方ない。

私が泊まったのはスイートルームで値段が高いほうの部屋、だけどダブルポイントになったのは、何も聞かれずに同行者の安い方の部屋。

おかしいだろ?と詰め寄ると、その「Mライフ」から返って来た答えは・・・

「ルールはそうだけど、今回特別に後加算したから変更は出来ません。」

わざわざなんで安い方の部屋でカウントしたのか?

「加算処理の際、先に安い方の部屋を処理したのでそちらに加算しただけです。」との返事。

※実績では高い部屋が先に加算されてるので、もう滅茶苦茶。

結論としてはルールから言ったらおかしいが、そもそもイレギュラーの後加算をしたので文句を言うなと言う事の様です。

ラスベガス旅行楽しかったのですが、後味の悪い結果となってしまいました。

 

まとめ

  • 「MGMリゾート」に泊まり「ワールドオブハイアット」に加算する時は「Mライフ」に加入する必要あり。
  • 私は2度と「MGMリゾート」には泊まらないでしょうね。

 

※ホテルのお部屋は良かったと思います、次回でアップしますね。

 

 

 

 

【UA】838便 NRT-SFO 744ビジネス

まさか744ジャンボに乗るとは思いませんでしたw

当初は有償で発券したAAのビジネスクラスのラスベガス行き。

AA170  NRT-LAX 17:25-11:40

AA1155 LAX-LAS 13:57-15:20 の予定でしたが。

当日の午前にメールが来ました、ロス行き欠航に付き振替便を用意したけどどう?

その振替え便

AA25 NRT-ORD 17:19-16:00

AA154 ORD-LAS 17:30-19:15

流石にダメだろ、19時半からショーを予約して有るんで。

文句有るなら電話しろ、の番号が有ったけど自信が無いので日本語デスクにTEL。

これが中々繋がらない。

繋がった後に交渉したけど、JAL便には空席は有るけどアメリカンへの割当ては無いらしい。

またこの日の羽田便への振替えも満席の為不可、ビジネス3名はきついですな。

それでも交渉の結果出て来たフライト。

UA838 NRT-SFO 17:10-10:35

UA492 SFO-LAS 13:55-15:34

もう上出来、まさかアメリカンからUAが出て来るとはね。

どうやらアメリカンはデルタとは振替えをしてないそうです。

なので、思いもよらなかったANAのスイートラウンジで寛いでからの搭乗。

でもそのUA便も安定の2時間超ディレイ、安定感抜群ですな。

それでもLAS便には間に合うらしいので一安心。

 

テンションMAXでしたね。

f:id:tokaibancyo:20170612221948j:plain

f:id:tokaibancyo:20170612221939j:plain

UAの搭乗券はボーディング開始・ボーディングエンド・出発・到着が全て記載されていてこれは使える。

f:id:tokaibancyo:20170613124002j:plain

席はお世辞にも広いとは言えないね、一応フルフラットだけど。

f:id:tokaibancyo:20170612221959j:plain

f:id:tokaibancyo:20170612221955j:plain

後ろ向きの座席も有ったりします。

f:id:tokaibancyo:20170612221958j:plain

でも私らは前を向いてのフライト。ビジネス満席の中、当日予約で3人並びで取れただけでも感謝だったんですが。

2-4-2と2世代前のビジネスクラスの幅、と言うかプレエコ並の幅だったけど、物置に困ったくらいで不自由は有りませんでした。

日本人CAも複数いて不自由を感じる事は無いでしょう。

リネン類はとっても豪華

f:id:tokaibancyo:20170612221933j:plainf:id:tokaibancyo:20170612221943j:plain

枕はホテル並み、布団とブランケットのダブル仕様、もう明らかに日系は完敗?

ヘッドホンも「せっとすらどばー」よりは上、メニューもこのポラリスに変わってからオシャレですね。

f:id:tokaibancyo:20170612234001j:plain

ウエルカムシャンパンもチョコレート付き。

f:id:tokaibancyo:20170612221940j:plain

飛んでからのドリンクは、珍しくジンでスタート。

f:id:tokaibancyo:20170612221937j:plain

ナッツも温かいのでリターンは無いでしょう。

お食事は和食を選択。

f:id:tokaibancyo:20170612221944j:plain

前菜はやや微妙でしたね、でもメインは合格。

f:id:tokaibancyo:20170612221946j:plain

こちらは日系より旨いですよ、真面目な話で。

妻の選んだ洋食、こちらも前菜は微妙。

f:id:tokaibancyo:20170612221934j:plain

だけどメインは凄い。

f:id:tokaibancyo:20170612221951j:plain

凄いにく~。

今まで食べたビジネスクラスのステーキでは、焼き加減も含め最高に値しますよ。

デザートはワゴンで配給。

f:id:tokaibancyo:20170612221950j:plain

f:id:tokaibancyo:20170612221936j:plain

紅茶も沢山からの選択。

f:id:tokaibancyo:20170612221956j:plain

その後はまったりと。

f:id:tokaibancyo:20170612221935j:plain

いやいや侮れませんなUA、私が人生最初に乗ったビジネスクラスUAの今は無きJFK行き、バブル時代なのでその頃とは比較できませんが、最近聞いた話とは随分と違ってる感想ですw

正直JALの振替えにしなくて良かったと思いましたw

そしてジャンボと言ったらこれだよね、空いてたら2階席が良かったな~。

f:id:tokaibancyo:20170612221938j:plain

2回目の機内食、到着1時間20分前

f:id:tokaibancyo:20170612221954j:plain

これは流石にお腹いっぱいで、殆ど食べられず。

さてこのジャンボも明日がラスト、15日からは77Wを投入だそうです。

UAの場合はAMC加算でもボーナスマイルも付加されます。そう考えると行き先次第では別にANAにこだわる必要は無いだろうな。そんな事を思わせる位充実したフライトでしたw

サンフランシスコ到着時には「LASVEGAS」と書かれたボードを持ったスタッフがお出迎えでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

【NH】848便 BKK-HND ビジネスクラス

紫修行からの帰りの便、ANAを選択。

何年ぶりかのANA昼行便、実は当初はこの夜の羽田行き850便を予約してました。

しかしこの日の夜に東京で所用が出来た為に、便を前倒し。

こういった時、特典で取っていると便利でいいね。空席を確認して手続即終了。

でも私、バンコクでは早起きに慣れていません。9:35発なので、遅くとも8:00には空港へ着きたい。朝って渋滞するのかな?こんな事考えてたら取る道は一つ、朝まで飲むか。。

結果明け方まで飲んで、ほぼ寝ずに早めに空港へ向かいました。

早めに行きたかった理由も有ります、それはこれ。

f:id:tokaibancyo:20170608201749j:plain

まさかサクララウンジへ行く訳じゃありませんよ、5月にSQのシルバークリスラウンジが新装移転しました。

f:id:tokaibancyo:20170608201748p:plain

場所も上の丸で囲んだ辺りと、以前のCコンコースとは逆方向と、エバーラウンジともホッピングしやすい場所となりましたね。

本家とやや似た感じのエントランス。

f:id:tokaibancyo:20170608201750j:plain

f:id:tokaibancyo:20170608201751j:plain

f:id:tokaibancyo:20170608201752j:plain

f:id:tokaibancyo:20170608201753j:plain

f:id:tokaibancyo:20170608201754j:plain

f:id:tokaibancyo:20170608202534j:plain

フードについては見たところ大体同じ、席数はそれ程変わらないと思われるが、パーソナルなソファー等、ゆったりしてると思います。

またバーカウンターが出来たのが嬉しいですな。

そしてシャワールームは有りませんが、トイレがラウンジ内に出来たのは改善でしょう。

随分と良くなった様にも見えるけど、それでもアライアンスは違うがキャセイラウンジの方が上でしょうね(あくまでも個人的感想ね)

そして、ここで寝落ちして起きたら既に搭乗中じゃない?

f:id:tokaibancyo:20170608201758j:plain

既に誰もいない^_^;

f:id:tokaibancyo:20170608201759j:plain

機材は789の近距離バージョン??

f:id:tokaibancyo:20170608201800j:plain

昼行便のメニューはこち

f:id:tokaibancyo:20170608201801j:plain

昼行便は以前から「アナンタラ・サイアム・バンコク・ホテル」とコラボでイタリアンメニューを出しています。折角だからそれで行きましょう。

まずはアミューズ

f:id:tokaibancyo:20170608201802j:plain

まだ飲んじゃいますww

アペタイザー

f:id:tokaibancyo:20170608201803j:plain

「海老のパルマハム巻きと香草サラダ チェリートマトを添えて」

上の写真では分かりづらいので拡大

f:id:tokaibancyo:20170608201806j:plain

みんな乾いてるんですけど、不味そうwwwww

こんなのしか無いみたいなんで、クレーム言って下げて貰いました。

さすが「ふぁいぶすたーえあらいん」

メインディッシュ

f:id:tokaibancyo:20170608201804j:plain

「牛ほほ肉の煮込み マッシュポテトと野菜添え」

私の写真の撮り方が悪いんでしょうか、全然旨そうに見えませんよね。

お味はと言うと、ハヤシのルーを溶いただけのB級レベル。

これって「アナンタラ・サイアム」の料理人はチェックしてるのだろうか?

ANAって、こんなレベルの機内食でしたっけ???

4セクターQRに乗って来たけど、大きな格差を感じます。

「ふぁいぶすたーえあらいん」の基準て何?これからはANAは夜行便だけにしますよ。

なのでお腹が空いて到着前にこちらを食べましたw

f:id:tokaibancyo:20170608201805j:plain

はぁ~、この方が安心して食べられる。

そして今回座った席

f:id:tokaibancyo:20170608210832p:plain

プレエコが迫るわずか2列のBコンビジ席、CAの意識はAコンに行ってるんでしょう。

何だか忘れ去られたみたいで、全て後回しにされてる感じがして、機内食と言い久々にDisりたくなったフライトでした。

 

まとめ

  • シルバークリスラウンジはバーカウンターも出来てシンガポールスリング等のカクテルも頼む事が出来ます。
  • イタリアンのコラボメニューは外れでした。
  • 今後ANAは出来る限りBコンには座りません。
  • 昼行便は体がしんどいので、やっぱり控えます。

紫修行④QR836 DOH-BKK ビジネスクラス(A380)

紫修行前半戦最終フライトです、予約時は773でしたが、ある時見たらA380に機材変更、これはマジで嬉しい変更ですw

前の便の到着が40分遅れ、そのせいか出口には「BANGKOK」と書かれたボードを持ったおっさんが立ってましたw

優先降機のかいも無く、バンコク行き全員(と言っても数人だが)集められ、次の搭乗機がディレイの為、乗る便の変更を告げられ新しい搭乗券が発行される事になりました。

でも私呼ばれない、何故??

実はこの日、紛らわしい事に同時刻で2便バンコク行きが有りました。

ほかの人は全員そのディレイ組で、私一人残された訳だけど、それなら遅れる便名も明記しとけよと強く言いたいw

でも無事A380に乗れて良かったです

そんな事もあってラウンジ寄る時間も無くゲートへ

f:id:tokaibancyo:20170607205428j:plain

搭乗券見せたらエレベーターで2階へ上がれと。

f:id:tokaibancyo:20170607205429j:plain

なるほど、A380なので2階席へ直接乗り込む訳か?

それにしても空いてないか??

f:id:tokaibancyo:20170607205430j:plain

実際乗ってもガラガラ、同時刻に2機飛ばすのは流石に無理あるでしょ。

f:id:tokaibancyo:20170607205432j:plain

このシート先ほどの787と同じに見えるけど、何となくこちらの方が横幅が広い気がします、気のせいだと思いますが。

f:id:tokaibancyo:20170607205431j:plain

毎度思うけど、A380の離陸はホントに静かで優しいと思う、A350や787とは対照的ですね、やはり4発は良い。

バンコクまでの飛行時間は6時間半、なので機内食も2回選択が可能です。

とは言っても夜中の3時ですけどね(私は時差がメチャクチャになってますけど)

f:id:tokaibancyo:20170607205433j:plain

f:id:tokaibancyo:20170607205434j:plain

選んだのはこちら、スナッパーをヌードルとともに

f:id:tokaibancyo:20170607205435j:plain

ドーハまでのフライトで殆ど食べれなかったので、ここでは完食、旨かったですよ。

カタール航空機内食が旨く感じる要因として、盛り付けが有ると思う。

日系はミールを皿ごと温め、その場で盛り付けする事無いが、この様に食べる直前に盛り付けると、それだけで旨そうに見えポイント上がるんじゃないだろうか。

現にあのマレーシア航空でも見た目は旨そうに見えますし。

その後はちょい散歩

f:id:tokaibancyo:20170607205436j:plain

機内バーカウンタで一息、でも残念な事にここからも「KRUG」は消えてしまいました

今はこち

f:id:tokaibancyo:20170607205439j:plain

「ビルカール・サルモン」これでもANAビジネスクラスで出しているシャンパンよりは、随分とお値段はしますけどね。

f:id:tokaibancyo:20170607205438j:plain

おつまみもこんな感じで有りましたw

f:id:tokaibancyo:20170607205437j:plain

そして2回目の機内食、スターターはフルーツ

f:id:tokaibancyo:20170607205441j:plain

朝ご飯はフレンチトースト

f:id:tokaibancyo:20170607205442j:plain

乾燥バナナは頂けんかったけど、それ以外は美味しく頂きましたw

今回の席から見た外の景色

f:id:tokaibancyo:20170607205443j:plain

エンジンの横でも機内はホント静かです。

機内環境は素晴らしいの一言、やはりカタール航空A380ビジネスクラスビジネスクラスではNo.1だと思いますw

ANAもこれをハワイへ飛ばすんだよね、是非とも上手く使って欲しいと思います。

 

 

紫修行③QR168 ARN-DOHビジネスクラス(787ドリームライナー)

昨日突然飛んで来た、カタールと周辺国の断交問題。

カタール航空はどうなるのか、ハッキリ言って修行してる場合じゃないだろ。

と言うより修行計画は総崩れ、もはや修復不可能。

ブログは忘備録と言う事で。。。

 

カタール航空のチェックインカウンター

f:id:tokaibancyo:20170606193439j:plain

ハンドリングはSAS、ここでは1強なのかも。

f:id:tokaibancyo:20170606193438j:plain

保安検査は行列の出来る検査場

f:id:tokaibancyo:20170606193440j:plain

でも直ぐにプライオリティレーンのある事に気づき並ばずに済みましたw

ラウンジはシェンゲン圏行のエリアにはSASラウンジもあるようだけど、インターエリアはここだけ、共用ラウンジですな。

f:id:tokaibancyo:20170606193442j:plain

f:id:tokaibancyo:20170606193443j:plain

帰りも787、当たり前ですよね。

f:id:tokaibancyo:20170606193444j:plain

1泊だけだったので、当然クルーも一緒。

「Welcome back」と優しく迎えられ、ロゼで一息。

f:id:tokaibancyo:20170606193445j:plain

このシート、倒すとこんな感じ。

f:id:tokaibancyo:20170606193446j:plain

足元はやや狭いけど、MHの330ほどでは無い。

f:id:tokaibancyo:20170606193447j:plain

ドーハまでのメニューはこち

f:id:tokaibancyo:20170606193448j:plain

どんどん増えて3個目のアメニティポーチ

f:id:tokaibancyo:20170606193449j:plain

食事はまずはスープ

f:id:tokaibancyo:20170606193451j:plain

これは普通だったけど。

メインがダメだった。

f:id:tokaibancyo:20170606193452j:plain

チキンだけど、パサパサでカタール航空では初の食べる気にならずw

仕方ないのでアイスでも食べときましょ。

f:id:tokaibancyo:20170606193453j:plain

 

ところで再来週もこの路線に乗る訳だけど、サウジアラビア上空は大丈夫なの??

こんな疑問もあるけど、これ見てちょい安心。

f:id:tokaibancyo:20170606193454j:plain

元々その上空は回避してる様です。

と言うより不自然に迂回して無いか?トルコからイラン上空、ペルシャ湾を抜けてドーハへ行くとは。。

この時既につばぜり合いは始まっていたのかもしれません。

こんな素晴らしいエアライン、何とか無事でいて欲しいですな。